指輪買取をする際に指輪の刻印を消す方法とは?

指輪買取の際に指輪に刻印が入っていた場合、査定でマイナス評価になってしまう可能性が高いです。

そのため相場価格よりも大分低い価格になってしまう場合もあり、可能であれば刻印を消してから査定に出すことをおすすめします。

そこで今回は、指輪の刻印を消す方法について解説していきます。

■ 研磨として刻印を消す

まず一つ目の方法として「研磨をして刻印を消す」という方法が挙げられます。

この方法は費用も安いですが、刻印部分の表面を削り取ることになるので、ある程度厚みのある指輪に適していると言えます。

■ レーザーを使って刻印を消す

この方法は「レーザーで金属を溶かして刻印を消す」というものです。

金属の総量が減るわけではないので、指輪買取の際に多くの人に使われている方法となります。

■ ロー材を流して刻印を消す

この方法は「ロー材という素材を刻印部分に流し込んで消す」というものです。

深い刻印も消すことができるので、研磨やレーザーで対応できない場合に使われる手法です。

■ 共付けで刻印を消す

この方法は「指輪に似た色の素材を溶かして刻印部分に溶接する」という方法です。

素材によっては大分高値になってしまうので、指輪買取価格とほぼ変わらなくなってしまう場合もあります。

■ 指輪買取の際は最適な手法で刻印を消すのが重要

指輪の刻印を消すためには様々な方法がありますが、その指輪の特徴に合った方法を選んでいくことが重要です。

また、なるべく安価で済む方法を選ぶことも重要となります。

Categories: 刻印の消し方
1月
1

Comments are closed.